就労支援

自動販売機型就労支援

スリールでは、施設の建て替えに合わせて地域の方々への事業所の周知を目的とした看板型自動販売機を設置しました。また、将来的には就労継続支援B型事業の商品販売ツールとしての活用も計画しております。自動販売機という販売形態を用いる事で、様々な商品を販売する事が出来ます。施設側が用意した作業に取り組んでもらうのではなく、利用者様の出来る事、得意な事、やりたい事を仕事に結びつけ販売する形を目指します。例えば細かい作業が得意な方はビーズアクセサリーや手芸製品を作り販売。農作業が好きな方はトマトやナスを作り販売。お菓子作りが好きな方はチョコレートやワッフル等を販売。専用のガラス瓶やプラスチック容器を使う事で色々な可能性を広げ利用者様にとって楽しくやりがいを感じられる仕事が用意できると考えております。実現はしばらく先になりますが今から着々と準備を進めていきます。